fc2ブログ

NEW

10度目のお迎え記念日と月命日

2024/05/17 08:00

おはようございますぴぴよんです。

本日はこはるちゃんの10度目のお迎え記念日です。
そして、こはるちゃんが亡くなってちょうど1ヶ月が経ち、初めての月命日を迎えました。

1ヶ月でペットロスから立ち直る人もいるみたいですが(そもそもペットロスにならない人すらいるようですが)、私は立ち直れていないです。
というか連休が明けてから微妙に調子が下がってきており食欲がさらに低下してきて、倦怠感・めまい・肩と首のこり・頭痛等に悩まされております。

先日の記事では勝手に時が進んでしまうと書いたのですが、1ヶ月という区切りを意識するとそんなに経ってしまったのかと思う気持ちもあって、私の中の時間が止まっているような気もするのです。

悲しい気持ちは時間が解決してくれて段々と回復していくのだろうと思っていたのですが、最近こはるちゃんの介護の日々を思い出すと、本当に赤ちゃんみたいに可愛くて愛しくて毎日優しく声をかけていたので、そんな風に話しかけて触れあっていた相手がいないことをより実感してとにかく寂しいです。

時間が経つと共にどうしてもこはるちゃんにはもう二度と会えないということを実感して辛い気持ちが増しているような気がしています。

こはるちゃんは一生懸命最後まで頑張ってくれたけど、それでもやっぱりもっと一緒にいたかったと思ってしまいます。今日という日も一緒に迎えたかったし、11歳もその先も一緒に迎えたかった。

こんなに頑張ってくれたこはるちゃんを自慢に思って褒めて心からのお礼を伝えたい気持ちと、もっとずっと一緒にいたかったと強く願う気持ちが矛盾しているような気がして苦しく感じます。


こはるちゃんがいないので記念日といっても以前のように嬉しい気持ちでは迎えられていないのですが、枯れてしまったお花たちの代わりにボトルフラワーを買ってきました。



淡いピンクとふわふわがこはるちゃんらしいかと思って。

ベランダにお花も。


元々水色が好きですが、こはるちゃんに似合うと思った時からピンクがとても好きな色になりました。

今はまだまだ心身ともに辛いですが、いつかこはるちゃんとの記念日を素敵な思い出とともに思い出せるようになりたいです。

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



こはるちゃん  | コメント : 0

残されたたくさんのうさちゃん用品を手放す時

2024/05/15 08:00

おはようございますぴぴよんです。

連休明けよりまたぐったりしてしまって少し間が空いてしまいました。

うさぎさんと暮らしているとあるあるだと思うのですが、諸々食べ物など中心に消耗品はストックしておきますよね。

我が家もストックしていた牧草やペレットやサプリやおやつがたくさんありました。

これはこはるちゃんグッズのほんの一部で、消耗品以外も加えるとまだまだたくさんあります。
なんならトイレは3つ、牧草フィーダーも3つ、給水ボトルは2つあります(⌒-⌒; )
生活スタイルの変化に合わせて、どんどん増えてしまったのですよね。

↑の写真の品々をGW最終日にもらっていただけるお友だちおふたりにお送りしました。

結構な大荷物になってしまって(しかも私がなかなか作業できなくてGW最終日に集荷してもらって届くのがど平日になってしまって)ご迷惑ではなかったかなと思ったのですが、無事に届いたようで安心しました。

まみぽんさんがブログで(→)、ココちゃんママさんはインスタで(→)ご紹介してくださいました。

こはるちゃんの使っていた品々を送りたいとわがままなお願いをしたのは私なのですが、実はそれでも荷物をつめる時と集荷されて運ばれていく時に寂しい気持ちが込み上げて…。

なんでこんなに気持ちを分かっていただけるのかなぁとSNS&おふたりからいただいたメッセージを読んでまた涙が…。

こはるちゃんがしばらくお腹がすかない程度のペレットやおやつや牧草は残してありますし、それこそ思い入れのある品々はたくさん取ってありますが、こはるちゃんが最後に使ったマットや火葬に向かうのに包んで抱っこした時のタオルとかは洗えなくてそのままなところ、自ら荷物を整理しているのが思っていたより切ない気持ちになってしまって。

でも、食べ物は賞味期限もありますし我が家にずーっと置いておいてダメにしてしまうより、仲の良いうさちゃんに食べたり使ったりしてもらえる方がずっと嬉しいなと思ったのです。

今年のGWは何か思い出に残るようなことは何もしていませんが、最後にひと仕事終えたかなというのは寂しさは感じつつできてよかったなと思っています。

荷物を分けるのにココちゃんにはまだシニアのごはんは少し早いからこれはまみぽんさんの荷物に入れようかなとか、その代わりココちゃんは以前あのおやつを美味しそうに食べていたからこのおやつは喜んでくれるかなとか考えるのは悲しみを癒してくれるような時間でもありました。

さらにLINEやSNSでお送りした牧草やおやつを食べてくれている様子を見られて、自分が想像していたよりもはるかに嬉しい気持ちになりました。
あげるのを楽しみにしていたもののこはるちゃんにあげられなかったおやつ等が、何年も前より仲良くしてくもらっているうさちゃんに喜んでもらえているのは本当に嬉しいことです。(こっそり何度も眺めています。)

実はお友だちだけでなく、まだ大量に残っていた牧草と一部の家財道具の引き取り先も確保しました。
そちらはまた改めまして。

思い返すとたくさんの思い出があって思い入れのある品々はまだ手放すことはできませんが、食べ物は他のうさちゃんの少しでもお役に立てるのなら(半ば自己満足でも)心が慰められる気がします。


最後になってしまいましたが、ブログでご紹介いただいたまみぽんさんのお宅のちはやちゃんとまさむねくんがあまり調子が良くないようで…。
今の私では力になれるか怪しいですが、ものすごく元気玉を埼玉よりお送りしております。

うさ友さんのうさちゃんは特に思い入れが強くなりますが、全うさちゃんが健康で幸せに暮らせるよう毎日心から祈っています。

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

その他  | コメント : 0

推し活風写真

2024/05/09 08:00

おはようございますぴぴよんです。

こはるちゃんが亡くなってあっという間に3週間が経ちました。

変なこと言うようですが、生きているだけで勝手に時間も季節も進んでしまいますね。ここにまだ留まりたいと思っても、せめてもう少しゆっくり時が過ぎてほしいと思っても、容赦なく時間が流れて自力で着いていけなくて流されてるような日々を送っている気がします。

特に仕事が再開されてから気分的にというよりも、体が重くてだるくて倦怠感がすごくて頭も働かないし短い時間しか集中力が保たなくて、想像以上に身体的にしんどいなという感じです。ペットロスだけでなく五月病のダブルパンチのような気もします。(一応4月に異動したばかりなこともあり自分が思っているよりも必要以上にストレスとか緊張を感じているのかもしれないです。)

今までは疲れて帰ってもこはるちゃんの可愛いさに癒されていましたが、今は帰ってもなんとなく寂しい部屋が待っているだけなのですよね。うさぎさんや他の動物たちと暮らしていない人はどうやって日々の癒しを得ているのでしょうか…。うさぎさんと暮らしていなかったのは、もう10年ほど前のことなのでどうやって日々を暮らしていたのか思い出せないです。圧倒的に癒しが足りない…。

いただいたお花も買ったお花も摘んできたお花も枯れてしまいました。
霊前に飾るならそれもまた区切りとして生花の方がよいのかもしれませんが、今だにまだ少し時を止めておきたい気持ちがあるので、今度最近知ったボトルフラワーなるものを買ってこようかなと思っています。生花をそのまま乾燥させたものでプリザーブドフラワーよりもさらに長持ちするらしいのです。

大切な存在とのお別れを受け入れるのにかかる時間は人それぞれだと思いますが、私の場合はゆっくり時間がかかりそうです。(いつまでもしょぼしょぼしていてごめんなさい。)

お話は変わりまして、本日もハンドメイド?のご紹介です。

推し活風写真ケースたちです。






ハンドメイドというにはあまりにも簡単なのですが、100均で売っているこんな感じの硬質カードケースに…


同じく100均のシールやリボンをペタペタ貼っただけのものです。


お花の代わりに写真が増えていく祭壇。


しつこいですがGW初日に紛失した写真がいまだに見つからず、でもどうしても家の中で無くした気がしていていつか出てくるのではと信じているので新たに現像することなく、一緒に現像した他の写真をデコレーションして気持ちを慰めております。
(でもやっぱり初めて出会った日のバブちゃんなこはるちゃんの写真は、もう一回現像しようかなと迷っています…。)

若くて元気もりもりだった頃の写真も可愛いのですが、短かったけど10歳の写真もとても大切です。
目が白くなってしまっても痩せてしまっても本当に本当に世界一可愛い自慢の我が子でした。

推し活風写真、もちろん今元気なうさちゃんの写真でも手軽に作れるのでお勧めです!
お家で飾るには写真立てが本格的で素敵かもしれませんが、写真立てより軽くて手軽なので持ち運びにはとてもよい気がします。
(私は紛失が怖くて今は何も持ち歩いていないですが…。)

連休が終わってしまって冒頭に書いた通りかなり疲れているので、こんな感じでのんびりハンドメイドはしばらくできないかもしれませんが、また何か作ったら載せたいなと思います。

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ハンドメイド  | コメント : 0

我が子の思い出の品をハンドメイド

2024/05/06 08:00

おはようございますぴぴよんです。

GWの初日にこはるちゃんグッズを作ろうと色々購入していたパーツ(→)。
その後、足りていなかったパーツや道具を買い足して完成させました。

金属にもガラスにも使える100均の小さいサイズの接着剤を探していたのですが、DAISOに希望通りのものを見つけた時は嬉しかったです。(手芸屋さんとかホームセンターのホビーコーナーにも接着剤はあるものの、1回開けるとすぐに固まってしまうのにお高くて…。)


蓋とガラスボールを接着してあれやこれやして完成品がこちら。

こはるちゃんのイニシャルのKを添えて。
キーホルダーにしましたが、ネックレスにしても素敵そうなサイズ感です。

ガラスボールが2個入りだったので、うさぎさんの蓋の方は1つは母にプレゼントしました。

我が子の思い出の毛を用いたアクセサリーを作ってくれるお店もありますが、自分で作ると思い入れもひとしおな感じがします。

細長い方はこはるちゃんの貴重な白い毛も動員してグラデーションになっているのです。
しかもこれまた貴重なひげを1本封入してあります。
(下の方から1本線のようになっている部分。)

写真をなくしたショックから遺骨キーホルダーが持ち歩けない恐怖に怯えて作ったのに、こちらも白い毛やひげを入れてしまったので持ち歩けなさそうです(⌒-⌒; )

GWはこんな感じでのんびり過ごしました。
休み前はやりたいことも思いつかない…と思っていましたが、今は次はどんなこはるちゃんグッズを作ろうかなと思うと心が癒される感じがします。

食欲が落ちているので料理もなかなかできなかったのですが、連休終盤になって少し作ってみようかなという気力がわいてきて、簡単なものを作ったりしています。

自分が思っていたよりも早く、少しずつですが日常を取り戻しているような気がします。

本当はこんな風に何事もなかったように日常に戻っていくことすら受け入れられない気持ちもまだ心の隅にあるにはあるのですが、私がいつまでも悲しんでいることも悲しみのあまり心身の健康を損なうこともこはるちゃんは望むはずがないと思っているので、なんとかそんな気持ちにも折り合いをつけていかなければいけないのかなと思います。

でも、昨晩財布からこはるちゃんの病院の診察券と診察予約カードが出てきてやっぱりまだ涙が出ました。

薬もそうですが、私が少しずつ日常を取り戻しても日付の入っているものを見るとこはるちゃんの時が止まってしまったことを突きつけられるようで辛いです。それでも捨ててしまう気にはなれなくてこはるちゃんの祭壇に並べています。
薬も17日当日の分は副葬品として中身だけこはるちゃんに持たせたので、19日分から残っています。(亡くなる直前は粉薬は2日に1回でした。)

診察券の写真はセカンドオピニオンして具合がよくない時に病院で撮ってもらった写真なので、「本当はこんなに元気のなさそうな姿でなくて、もっと可愛い写真があるのにな」と常々思っていた写真ですが、それでもいつか思い出しても悲しいだけではない思い出になってほしいです。

こはるちゃんがいた頃にはここまで実感はできていなかったのですが、やはり家族や友人が随分心の支えになってくれていて、皆なんて優しいんだろうとか自分はなんて恵まれているのだろうとか気づくきっかけになったのも、ちゃんとしないとと私を支えてくれています。
決して無理をしているとかではなく、人の優しさに触れるというのは悲しみの淵にいても人を引き上げてくれる力があるのだなと思っています。

明日からはまた仕事が再開です。
何もなくても毎年とても連休明けは憂うつで、今年はその比ではないくらい憂うつですが、暗い気持ちに戻りすぎないよう元気満々でなくても低空飛行でも日々を過ごせるよう無理をしすぎないようにします。

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

ハンドメイド  | コメント : 0

お世話をしたい欲求

2024/05/04 08:00

おはようございますぴぴよんです。

こはるちゃんの最後の2年間ほどは日々特別なお世話が必要でした。

薬は毎日朝晩あげて、種類によってあげる日が変わったり、初めの頃は強制給餌も。
自力でおしっこができていないことを病院の先生に言われてからは毎日の圧迫排尿。
歩けなくなってしまってからは足の関節が硬まらないようにマッサージ。
前足は動いていたので筋力が落ちすぎないようにリハビリ。
盲腸便が自力で食べれなくなったらなるべく新鮮なうちに口元に持っていくなど…。

こはるちゃんの調子が特によくない時はお世話が辛い時もありましたが、奇跡のような回復を見せてくれてまた自力で食べてくれるようになり体重やう◯ちの量が増えた時はとても嬉しくて、日々のお世話の時も愛おしい気持ちで接していました。

元気なうさちゃんよりも諸々こまめに様子を伺う必要があったので、急にその必要ががなくなるとどうしたらよいのか分からないのですよね…。

食事とか自分の生活もままならない状態で先に自分の生活をなんとかしなさいよと思いつつ、とにかく何かに手をかけたい欲求が行き場を失っております…。

こはるちゃんが亡くなる前はGWは久しぶりに料理強化期間にしようと思っていましたが、作って自分で食べられないと申し訳ないのでなかなか手をつけられず。

結果、何年も放置していたサボテンや他の多肉を植え替えることにしました。

同居させられてギチギチな子たちや一人暮らしでもずいぶん植え替えをしていないのでたぶんあまり元気がない子たち。


新居を得て今までより日当たりの良い場所に置くことにしましたので、いつかお花を咲かせてくれたり元気にむちむちしてくれたら良いなと思います。


他の多肉ちゃんたちもそれぞれ整えました。


久しぶりに新入りちゃんも。

今の私はうさぎさんシリーズは連れて帰らねばと思ってしまいました。

こはるちゃんを我が家に迎えてから例年この時期はホームセンターへ行ってハーブや野菜の種や苗を買ってきて、こはるガーデンと称してたくさんこはるちゃんのおやつ用に植物を育てていました。

でも今年はそれももう必要なくて。
人間が食べるために育てようとは思わないのです。

別のものが欲しくていつものホームセンターへ行きましたが、ハーブコーナーを見たら涙が出てきてしまいました。こはるちゃん、このハーブ好きだったなとか思い出してしまって。
それにペットコーナーは小動物の部屋はスルーしようと思ったのにうさぎさんが通路に面したところにいてそこでも涙。

こはるちゃんが亡くなってからとにかくふわふわした動物に少しでも触れたくて可能であれば抱きしめたくて、でもうさぎさんが初対面の人間にそんなことされたら嫌がる子の方が大半だと思うので、そうなると人間が大好きで触られても嫌がらなくてむしろ喜んでくれる可能性のあるわんちゃんとか触れあいたいなと思っておりまして…。

よく行くショッピンモールに犬カフェがいつの間にかできていてここなら私の希望を叶えられると窓から覗いたら10秒ほどで涙が出てきてしまって…。
まだ早いんだと思ってすぐに退散しました。
犬カフェで泣きながらわんちゃんをなでていたらお店の人にも他のお客さんにも何よりわんちゃんにも迷惑がかかるので、このふわふわに触りたいという気持ちは自分でなんとかしないといけないみたいです。

どこにスイッチがあるのか自分でも分からないのですが、涙が出る頻度が減ってきてもまだ自然と涙が出てしまうようです。

ベランダの植物を整えるのもすぐに疲れてしまって休憩しながら2.5日ほどかけましたが、全て終わってしまいました。
毎日たくさん水をあげる必要もないので次は何をお世話すればよいのか…。

ひとまず次は金魚たちの水槽を大掃除します。

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

こはるガーデン  | コメント : 0